ウォーターサーバーランキング<業者比較や申込み前のFAQなど>

ウォーターサーバーTOP >> 比較項目 >> ウォーターサーバーを節電機能で比較

ウォーターサーバーを節電機能で比較

ウォーターサーバーは常置して使用するものです。適切な水温と衛生的な環境を維持するためにはつねに使用できる状態、つまりコンセントを入れておく必要があります。そのため電力がどれだけ食うのかも重要なポイントとなってくるのです。とくに近年では電力不安もあり節電が叫ばれているだけにウォーターサーバーにおいても節電能力をチェックしておきたいところ。

ウォーターサーバーのメーカーではレンタル料金を無料に設定したり、水の料金の安さをしきりにアピールしています。それらを見ていると1ヵ月の費用がほとんど罹らずに安全な水を導入できようなイメージが沸いてしまいがち。しかし実際にはこれらの費用にプラスして電気代も念頭に置かなければならないのです。ウォーターサーバーの費用面を比較する際には電気代も念頭に置かなければなりません。

電力事情もあり、ウォーターサーバー各社では節電機能にも力を入れており、優れた機能を搭載したサーバーを導入するケースも増えてきています。では実際に代表的なウォーターサーバーのメーカーの節電機能を比較してみましょう。

まずコスモウォーター。このメーカーでは「ワンタッチらく楽サーバー」を導入。従来製品に比べて40〜50%もの節電に成功しています。なお、この「らく楽サーバー」には通常使用時とエコモードの2種類があり、エコモードの場合に最大50%の節電効果が可能になります。

それからアクアクララ。こちらは「アクアアドバンス」という先進のICチップを導入したサーバーが導入されており、従来に比べて最大65%もの節電が可能になっています。クリティアにはとくに節電機能が設けられていません。クリクラの場合は「クリクラ省エネサーバー」があり、こちらは卓上タイプが従来品に比べて50%、床置きタイプは30%の節電となっています。さらにフレシャスでは「ECOモード」という節電機能が搭載されており、夜間に節電することができます。これはセンサーによって光を察知し、夜間になると自動的な節電モードに切り替わる便利なものです。

こうした節電機能にも着目してサーバー選びをするとよいでしょう。特にコスモウォーターは節電機能にも優れている上、サーバーのレンタル料金が無料になるなど、総合的なコストパフォーマンスにも優れています。

■コスモウォーター
ワンタッチらく楽サーバー

■アクアクララ
アクアアドバンス

■クリティア
なし

■クリクラ
クリクラ省エネサーバー

■フレシャス
ECOモード


Copyright (C) 2013-2018 ウォーターサーバーランキング<業者比較や申込み前のFAQなど> All Rights Reserved.