ウォーターサーバーランキング<業者比較や申込み前のFAQなど>

ウォーターサーバーTOP >> 比較項目 >> ウォーターサーバーをボトルのタイプで比較

ウォーターサーバーをボトルのタイプで比較

ウォーターサーバーはサーバーと実際の水を入れてあるボトルとで成り立っています。業者を選ぶ際にはサーバーの機能だけでなく、ボトルの内容にもしっかりとチェックしておく必要があります。実際に水が入っているわけですし、入れ替えが必要になるなど、日常的に接する機会も案外多いからです。

ウォーターサーバーで使用されるボトルには大きく分けて2つの種類があります。ひとつはガロンボトル、あるいはリターナブルボトル、ワンウェイボトルと呼ばれるものです。どのウォーターサーバーのメーカーでも水は宅配によって利用者のもとへ届けられます。その際に使い終わったボトルをどうするのかが大きな問題となります。このガロンボトルの場合、使い終わった後に回収してもらう形となります。回収されたボトルは再利用されます。再利用できるだけコストが安く、その分水の料金が安く済ませられる点が大きな魅力です。資源のムダを省く環境面への魅力も忘れてはならないでしょう。その一方、使い終わったボトルを回収してもらうまで保管しておかなければならず場所を取られてしまうこと、ボトルの中に空気が入ることがあるため、衛生面でやや不安が残る点なども挙げられます。

もうひとつのタイプはワンウェイボトル。こちらにはいわゆる使い捨てタイプ。回収してもらう必要がなく、使い終わったら普通のゴミに出して処分することができます。また、使用して水が減っていくたびにボトルがつぶれていく形となっており、ボトルの内部に空気や雑菌が入り込みにくくなっているので衛生面でのメリットもあります。ただ、使い捨てなのでその分コストがかかること、自分で処分する手間などがかかります。

ではウォーターサーバーのメーカーではどちらのタイプを採用しているのでしょうか。コスモウォーター、フレシャス、クリティア、クリクラはワンウェイボトルを採用しています。衛生面を考慮しての判断でしょうか。一方、アクアクララはガロンタイプを採用しています。この点も着目しておきたいところ。

コスモウォーターの場合、サーバーのレンタル料金が無料ということもあり、ワンウェイタイプのコスト高を相殺することができるためコスト的にお得です。衛生面と費用面両方を重視したい人にオススメのタイプといえるでしょう。

■コスモウォーター
ワンウェイタイプ

■アクアクララ
ガロンタイプ

■フレシャス
ワンウェイタイプ

■クリティア
ワンウェイタイプ

■クリクラ
ワンウェイタイプ


Copyright (C) 2013-2018 ウォーターサーバーランキング<業者比較や申込み前のFAQなど> All Rights Reserved.