ウォーターサーバーランキング<業者比較や申込み前のFAQなど>

ウォーターサーバーTOP >> 比較項目 >> ウォーターサーバーを水の料金で比較

ウォーターサーバーを水の料金で比較

ウォーターサーバーの導入によってもっとも費用がかかるのが水の料金です。とくに現在では水の宅配料金やサーバーのレンタル料金を無料に設定するメーカーも増えていますし、また電気代が少なく済むサーバーが増えていることもあり、月々の費用における水の料金の比重がますます高まっている傾向があります。

それだけに、ウォーターサーバーを比較する際には水の料金が重要なポイントとなります。長期に渡り、日常生活の中で使用していく以上、あくまで経済的な負担にならない範囲でサーバーを導入する必要があるからです。いくらおいしく、健康によい水であっても月々の出費が大きな負担になるようでは長続きしません。

では水の料金で各社のウォーターサーバーを比較してみましょう。まずコスモウォーター。このメーカーの特徴は4種類ある天然水の中から好きなものを選ぶことができる点。そして天然水の種類によって料金も異なってきます。まず「金城の華」は12リットルで1900円。富士の銘水「富士の微笑み」は12リットルで1890円、日田の天然水「日田の誉れ」が12リットルで1995円、「古都の天然水」が12リットルで1848円となります。

それからフレシャス。このメーカーの特徴は7リットル入りのボトルが標準となっていること。料金は7リットルのボトルが4パックになって4400円。他社の12リットル入りのボトルに比べるとやや割高な面もあります。

アクアクララの水は3種類。12リットル入りが1260円、8リットル入りが1050円、バナジウムを含んだ「あさぎり高原ハイパーバナジウム」は8リットルで1680円とやや割高になっています。水の料金の安さではトップクラスです。ただRO水をメインに扱っていること、そしてサーバーのレンタル料金が有料といった点を考慮しておく必要があるでしょう。

そのほかのメーカーではクリティアが12リットルのボトルで1700円と割安な設定となっています。あとクリクラは12リットル入りで1260円とこちらも料金面でかなり魅力のある設定といえるでしょう。

もちろん、水の品質の問題もありため、単純に料金だけで比較するわけにはいかない面もあります。ただ、よほど産地や含まれている成分にこだわりがない限り、やはり料金は重要な選択の基準となるでしょう。電気代やサーバーのレンタル料金なども考慮に入れた上で選択するとよいのではないでしょうか。

■コスモウォーター
12リットル入りボトル。1848円〜1995円。天然水の種類ごとに異なる

■アクアクララ
12リットル入りで1260円、8リットルで1050円

■フレシャス
7リットル×4本で4400円

■クリティア
12リットルで1700円

■クリクラ
12リットルで1260円


Copyright (C) 2013-2018 ウォーターサーバーランキング<業者比較や申込み前のFAQなど> All Rights Reserved.